保険の相談や見直しで国産ブランド米の進呈キャンペーン中です。お気軽にご相談下さい。

お米のプレゼントキャンペーン期間中に保険の相談や見直しを

無料保険相談!

お米プレゼントのキャンペーンについて

「国産ブランド米10kg」を全員にプレゼント!無料保険コンサルティングを受けて頂いた方にもれなく! 「国産ブランド米10kg」を全員にプレゼント!無料保険コンサルティングを受けて頂いた方にもれなく!

キャンペーン中でもれなく「国産ブランド米10kg」を全員にプレゼント!
無料保険コンサルティングを受けて頂いた方への特別なキャンペーンです!
私たち『保険の選択』ではお客様の要望に対し、最適解が出せるようお客様を担当する保険コンサルタントを厳選いたします。その『保険の選択』がキャンペーンのプレゼント商品である「お米」もしっかり厳選するという特別なキャンペーン!
キャンペーン商品として進呈するお米は、国産ブランド米。
しかもお米の重量はたっぷり10kg!
インディカ米でもジャバニカ米でもなく、れっきとしたジャポニカ米(日本米)で、海外産や無名米、古米、ブレンド米などではありません。
保険の無料相談で、家計をシェイプアップしたら、今度は『保険の選択』が進呈するお米、国産ブランド米10kgで食費をシェイプアップ!
皆様の楽しい食卓の一助になれば幸いです。キャンペーン中のこの機会に『保険の選択』が厳選したお米を是非お楽しみください。

保険でこんな悩み
ありませんか?

保険の見直しが必要なタイミングとは?

就職

学校を卒業して就職した時が、生命保険を見直しをする初めのタイミングです。
経済面で親から独立するので、何かあったときに社会人として自身で解決できるよう、見直しをしっかりしてリスクに備えることが重要です。
例えば、病気の際は公的保険(健康保険)で多くが賄えますが、入院中の個室費用や食事代、先進医療を受ける際の費用などは対象外となっています。入院や手術ともなると、公的保険を利用しても自己負担は大きなものになるでしょう。
こうした時に、入院給付金や手術給付金が受け取れる医療保険など、いわゆる民間保険で対策することで、万が一の際には医療費が補填されるように備えることが見直しによって可能です。
若いから病気にはなりにくいから安心だ」「いままで入院したことは無いから」「まだ入る年齢ではない」「程度年齢が高くなったら考えよう」と思うかもしれませんが、年齢が若ければ若いほど月々の料金を安く抑えることができ、その金額が一生変わらないものもあるのです。
また、病気になってしまったあとでは、金額が高くなったり、最悪入る事ができないケースもあり得ます。
では、どういう保険に、どのくらいの保障額にすればいいのでしょうか?
自分に関係のある保険は何か、自分にあった保障額はどれくらいか、自分の収入や働き方と合わせて考えていく必要があります。
そもそも、何があるのか、どういう仕組みなのか、自分でわからない時は、保険のプロに相談することで解決できます。
相談をしアドバイスを受け、最終的にはご自身が後悔しないものを選ぶ事が大切です。
学校を卒業して就職した時が、生命保険を見直しをする初めのタイミングです。
経済面で親から独立するので、何かあったときに社会人として自身で解決できるよう、見直しをしっかりしてリスクに備えることが重要です。
例えば、病気の際は公的保険(健康保険)で多くが賄えますが、入院中の個室費用や食事代、先進医療を受ける際の費用などは対象外となっています。入院や手術ともなると、公的保険を利用しても自己負担は大きなものになるでしょう。
こうした時に、入院給付金や手術給付金が受け取れる医療保険など、いわゆる民間保険で対策することで、万が一の際には医療費が補填されるように備えることが見直しによって可能です。
若いから病気にはなりにくいから安心だ」「いままで入院したことは無いから」「まだ入る年齢ではない」「程度年齢が高くなったら考えよう」と思うかもしれませんが、年齢が若ければ若いほど月々の料金を安く抑えることができ、その金額が一生変わらないものもあるのです。
また、病気になってしまったあとでは、金額が高くなったり、最悪入る事ができないケースもあり得ます。
では、どういう保険に、どのくらいの保障額にすればいいのでしょうか?
自分に関係のある保険は何か、自分にあった保障額はどれくらいか、自分の収入や働き方と合わせて考えていく必要があります。
そもそも、何があるのか、どういう仕組みなのか、自分でわからない時は、保険のプロに相談することで解決できます。
相談をしアドバイスを受け、最終的にはご自身が後悔しないものを選ぶ事が大切です。

結婚

結婚した時が、次に見直しをするタイミングとなります。
人生の節目ともいえる結婚。
今までは自分だけのライフプランを考えていればよかったのですが、これからはふたりのライフプランを考えなければなりません。
結婚式はどうするか、新婚旅行はどこにいくか、新居はどこに構えるかと考えること、やらなければいけないことがいっぱいで、後回しになりがちですが、見直しに関しては決して忘れないようにしてください。
まず、お互いが入っている生命保険を確認する事からはじめましょう。
死亡保険に入ってはいるものの、その受取人が親になっているケースや、そもそもその受取金額がとても少ないケースもあります。笑い話のようですが、親が生命保険に入れてくれていると思ったら、実は健康保険だった、なんて話もあるくらいです。
今お互いが入っている内容の棚卸しをして、「どのようなものに入っているのか」「どんな時に保険金がもらえるか」を把握しましょう。
次に、ふたりのライフプランを話し合うとよいでしょう。
ふたりとも働き続けるのか、どちらかが専業主婦(夫)になるのか。
また、将来的に子供はどうするのか、マイホームはどうするのか。そのためにはいくら貯蓄していくのがベストなのか。良い機会なので話し合いましょう。
それによってどんな商品、プランが合っているのか、どれくらいの内容がベストなのかが違ってきます。
既に入っているものに過不足があれば保険の追加も検討しましょう。もちろん、受取人を配偶者に変更することも忘れずに。
今入っているものがどういうものなのか自分たちでわからない時や、自分たちの描くライフプランを実現するためにはどんなものに入るべきなのかわからない時は、保険のプロに相談することで解決できます。
結婚した時が、次に見直しをするタイミングとなります。
人生の節目ともいえる結婚。
今までは自分だけのライフプランを考えていればよかったのですが、これからはふたりのライフプランを考えなければなりません。
結婚式はどうするか、新婚旅行はどこにいくか、新居はどこに構えるかと考えること、やらなければいけないことがいっぱいで、後回しになりがちですが、見直しに関しては決して忘れないようにしてください。
まず、お互いが入っている生命保険を確認する事からはじめましょう。
死亡保険に入ってはいるものの、その受取人が親になっているケースや、そもそもその受取金額がとても少ないケースもあります。笑い話のようですが、親が生命保険に入れてくれていると思ったら、実は健康保険だった、なんて話もあるくらいです。
今お互いが入っている内容の棚卸しをして、「どのようなものに入っているのか」「どんな時に保険金がもらえるか」を把握しましょう。
次に、ふたりのライフプランを話し合うとよいでしょう。
ふたりとも働き続けるのか、どちらかが専業主婦(夫)になるのか。
また、将来的に子供はどうするのか、マイホームはどうするのか。そのためにはいくら貯蓄していくのがベストなのか。良い機会なので話し合いましょう。
それによってどんな商品、プランが合っているのか、どれくらいの内容がベストなのかが違ってきます。
既に入っているものに過不足があれば保険の追加も検討しましょう。もちろん、受取人を配偶者に変更することも忘れずに。
今入っているものがどういうものなのか自分たちでわからない時や、自分たちの描くライフプランを実現するためにはどんなものに入るべきなのかわからない時は、保険のプロに相談することで解決できます。

妊娠

妊娠をした時が、次に見直しをするタイミングとなります。
医療保険の場合、一般的に妊娠27週目以降は部位不担保条件が付与されたりするなど、入りにくくなる時があります。例えば、子宮不担保条件が付与された時、子宮関係の疾病・異常分娩などが保障されないこともあります。中には、妊娠25週目までなら部位不担保条件などが付かずに入る事のできる会社もあるようですので、妊娠後に備える時には、ご自身の状況を踏まえて保険のプロに相談してみると良いでしょう。
あらかじめ出産に備えておけば、帝王切開など異常分娩となった場合に給付金を受け取ることができます。
また、切迫早産などで、場合によっては絶対安静のため出産前の入院が長期化することもあります。こうした出産前や出産時の突発的な事態に対して受けることができる保険も、見直した後に検討する価値があるでしょう。
特に出産が近づくと相談すらもままならなくなったり、他にするべきことや、最悪入院で動けなくなる時もあるので、早めに相談から見直しや準備をしておきましょう。
妊娠をした時が、次に見直しをするタイミングとなります。
医療保険の場合、一般的に妊娠27週目以降は部位不担保条件が付与されたりするなど、入りにくくなる時があります。例えば、子宮不担保条件が付与された時、子宮関係の疾病・異常分娩などが保障されないこともあります。中には、妊娠25週目までなら部位不担保条件などが付かずに入る事のできる会社もあるようですので、妊娠後に備える時には、ご自身の状況を踏まえて保険のプロに相談してみると良いでしょう。
あらかじめ出産に備えておけば、帝王切開など異常分娩となった場合に給付金を受け取ることができます。
また、切迫早産などで、場合によっては絶対安静のため出産前の入院が長期化することもあります。こうした出産前や出産時の突発的な事態に対して受けることができる保険も、見直した後に検討する価値があるでしょう。
特に出産が近づくと相談すらもままならなくなったり、他にするべきことや、最悪入院で動けなくなる時もあるので、早めに相談から見直しや準備をしておきましょう。

出産

子どもが生まれた時は、生命保険を見直しをする重要なタイミングです。
親に万が一の事があると、子供の人生に大きな影響を与えます。また、配偶者が病気や事故で働けなくなった時、家計に重大な影響を及ぼすこともあるでしょう。
病気や事故でご自身や配偶者が療養する費用も無くてはならないですし、その間子どもの世話をする保育所の費用も無くてはならないものとなります。有給休暇のあるうちは会社から給与がでますが、有給休暇が無くなれば収入が途絶えます。医療保険や死亡保険、収入保障保険などでリスクに備える必要があります。
また、子どもを高校や大学まで進学させることを考えるなら、将来のための学費を積み立てもする事になるでしょう。その場合は、貯蓄型保険や学資保険などに入ることも検討されては如何でしょうか。加入時期が出産後早ければ早いほど、月々の金額は少なく済みますので、家計への負担が小さくなります。また、学資保険の一部の商品は、子供の年齢が一定以上になると入る事のできない商品もありますので、早めに情報収集することが大切です。貯蓄型保険と聞くと、様々な商品があり、外貨で運用するようなものも存在します。どんな内容のものに入ったらいいか全くわからない時や、見直しはどこからしたらいいのかもわからない時には、保険のプロに相談しましょう。
子どもが生まれた時は、生命保険を見直しをする重要なタイミングです。
親に万が一の事があると、子供の人生に大きな影響を与えます。また、配偶者が病気や事故で働けなくなった時、家計に重大な影響を及ぼすこともあるでしょう。
病気や事故でご自身や配偶者が療養する費用も無くてはならないですし、その間子どもの世話をする保育所の費用も無くてはならないものとなります。有給休暇のあるうちは会社から給与がでますが、有給休暇が無くなれば収入が途絶えます。医療保険や死亡保険、収入保障保険などでリスクに備える必要があります。
また、子どもを高校や大学まで進学させることを考えるなら、将来のための学費を積み立てもする事になるでしょう。その場合は、貯蓄型保険や学資保険などに入ることも検討されては如何でしょうか。加入時期が出産後早ければ早いほど、月々の金額は少なく済みますので、家計への負担が小さくなります。また、学資保険の一部の商品は、子供の年齢が一定以上になると入る事のできない商品もありますので、早めに情報収集することが大切です。貯蓄型保険と聞くと、様々な商品があり、外貨で運用するようなものも存在します。どんな内容のものに入ったらいいか全くわからない時や、見直しはどこからしたらいいのかもわからない時には、保険のプロに相談しましょう。

転職

転職の際は保険の見直しのタイミングとしては無関係と思われがちですが、実は転職時も保険を見直しをする必要があります。
保険はあらかじめ決めたライフスタイルに応じて必要な保険を設計します。
転職はライフスタイルを変化させることが多いので、必要な保険も再設計する必要があります。
例えば、会社勤務から自営業になった場合、将来退職金が貰えなかったり、厚生年金の積み立て分の減少により年金額が低くなったりします。この減少部分を年金保険などであらかじめ積み立てておく事が可能です。
また、転職で収入増えた場合や、逆に収入が減ってしまったという場合は、余裕資金を貯蓄型保険に回したり、逆に生活を圧迫しないよう支払い金額を抑えたり、内容の変更を検討することも重要です。
中には途中で保険を解約してしまうと損をしてしまう商品もありますので、解約する前に見直しも兼ねて保険のプロに相談してみるのも一つの手です。
転職の際は保険の見直しのタイミングとしては無関係と思われがちですが、実は転職時も保険を見直しをする必要があります。
保険はあらかじめ決めたライフスタイルに応じて必要な保険を設計します。
転職はライフスタイルを変化させることが多いので、必要な保険も再設計する必要があります。
例えば、会社勤務から自営業になった場合、将来退職金が貰えなかったり、厚生年金の積み立て分の減少により年金額が低くなったりします。この減少部分を年金保険などであらかじめ積み立てておく事が可能です。
また、転職で収入増えた場合や、逆に収入が減ってしまったという場合は、余裕資金を貯蓄型保険に回したり、逆に生活を圧迫しないよう支払い金額を抑えたり、内容の変更を検討することも重要です。
中には途中で保険を解約してしまうと損をしてしまう商品もありますので、解約する前に見直しも兼ねて保険のプロに相談してみるのも一つの手です。

マイホーム購入時

マイホームを購入した時も、生命保険を見直しをする重要なタイミングです。
マイホームを一括購入するという方は少なく、ほとんどの方が住宅ローンを組んだ上で購入します。
住宅ローン契約の際には、団体信用生命保険、いわゆる団信と呼ばれる保険にほぼ強制的に入るする事がほとんどです。この保険は、支払者に死亡や高度障害など万が一の事があった時、ローンを完済できるという内容の保険です。
マイホームのローンの額にもよりますが、その金額の死亡保障に加入するのとほぼ同義であると言えるでしょう。
ですので、一般的には団信に加入した時は、既存の死亡保障などを下げたり、下げた分を貯蓄型保障に回したりと、見直しをする良い機会となります。
また、見直しももちろんそうですが、住宅ローンは長年にわたって一定の額を支払い続けなくてはなりませんので、高すぎる生命保険料が生活を圧迫することも考えられます。
見直しをしたいけど、どのくらいのものに変更した方がいいのか、分からない時は保険のプロに相談することをお勧めします。
マイホームを購入した時も、生命保険を見直しをする重要なタイミングです。
マイホームを一括購入するという方は少なく、ほとんどの方が住宅ローンを組んだ上で購入します。
住宅ローン契約の際には、団体信用生命保険、いわゆる団信と呼ばれる保険にほぼ強制的に入るする事がほとんどです。この保険は、支払者に死亡や高度障害など万が一の事があった時、ローンを完済できるという内容の保険です。
マイホームのローンの額にもよりますが、その金額の死亡保障に加入するのとほぼ同義であると言えるでしょう。
ですので、一般的には団信に加入した時は、既存の死亡保障などを下げたり、下げた分を貯蓄型保障に回したりと、見直しをする良い機会となります。
また、見直しももちろんそうですが、住宅ローンは長年にわたって一定の額を支払い続けなくてはなりませんので、高すぎる生命保険料が生活を圧迫することも考えられます。
見直しをしたいけど、どのくらいのものに変更した方がいいのか、分からない時は保険のプロに相談することをお勧めします。

子どもの独立

子どもが独立する時には、万が一の際に必要な額が変わるため生命保険を見直しをするタイミングとなります。
子どもが独立した場合、教育や養育に関わる費用が不要になりますので、死亡保険金を下げることができ、金額を抑えることができます。
一方で、今後は自身や夫婦の老後生活や老後資金についても考えていく必要があります。
子どもの独立によって下げた死亡保障分を、年金保険などの貯蓄型保険に回すという事も考えられます。
また、年を重ねるにつれて、入院や手術等のリスクも上がってきます。
もし医療保険が不十分であれば、手厚くすることも検討に値します。今契約しているものが、今の医療の仕組みに合ったものなのか、今一度見直しや確認をしてみましょう。もし分からない点があれば、保険のプロに相談してみるのも良いでしょう。
子どもが独立する時には、万が一の際に必要な額が変わるため生命保険を見直しをするタイミングとなります。
子どもが独立した場合、教育や養育に関わる費用が不要になりますので、死亡保険金を下げることができ、金額を抑えることができます。
一方で、今後は自身や夫婦の老後生活や老後資金についても考えていく必要があります。
子どもの独立によって下げた死亡保障分を、年金保険などの貯蓄型保険に回すという事も考えられます。
また、年を重ねるにつれて、入院や手術等のリスクも上がってきます。
もし医療保険が不十分であれば、手厚くすることも検討に値します。今契約しているものが、今の医療の仕組みに合ったものなのか、今一度見直しや確認をしてみましょう。もし分からない点があれば、保険のプロに相談してみるのも良いでしょう。

離婚

離婚をする場合も、保険を見直しをするタイミングとなります。
離婚の話し合いにはとても労力がかかるため、なかなか生命保険まで手が回らないケースがありますが、離婚前にしっかり話し合っておくべき事でしょう。
まず、子どもがいる場合については、自分に何かあった場合に子どもが独立するまで困らない程度のお金が遺せるかという事を考える必要があります。
養育費を払う側の場合は、養育費として子どもが受け取る予定だった額は、死亡保険などで最低でも準備しておく必要があります。また既に契約している子どものための学資保険や養老保険などについては、だれがどのように支払っていくかも見直しする時には特に、忘れずに話し合っておく必要があります。
逆に、子どもがいない場合については、自身が離婚後に生活していけるような組み立てをすると良いでしょう。相手に死亡保険金を残す意味もなくなりますので、見直しをすることによって一般的には死亡保障は下げることができます。ただし、自身で生活していかなければならなくなるので、万が一の際の収入保障保険や、病気になった際などの医療保険などは手厚くする方が良いでしょう。
離婚をする場合も、保険を見直しをするタイミングとなります。
離婚の話し合いにはとても労力がかかるため、なかなか生命保険まで手が回らないケースがありますが、離婚前にしっかり話し合っておくべき事でしょう。
まず、子どもがいる場合については、自分に何かあった場合に子どもが独立するまで困らない程度のお金が遺せるかという事を考える必要があります。
養育費を払う側の場合は、養育費として子どもが受け取る予定だった額は、死亡保険などで最低でも準備しておく必要があります。また既に契約している子どものための学資保険や養老保険などについては、だれがどのように支払っていくかも見直しする時には特に、忘れずに話し合っておく必要があります。
逆に、子どもがいない場合については、自身が離婚後に生活していけるような組み立てをすると良いでしょう。相手に死亡保険金を残す意味もなくなりますので、見直しをすることによって一般的には死亡保障は下げることができます。ただし、自身で生活していかなければならなくなるので、万が一の際の収入保障保険や、病気になった際などの医療保険などは手厚くする方が良いでしょう。

誕生日前

大きなライフイベントは無くとも、誕生日前も保険を見直しをするタイミングになります。
一般的に年齢が上がれば上がるほど、金額が高くなります。誕生日前に見直しをすることで、保険料を少し安くできます。
ただし、誕生日直前ですと、誕生日後の保険料になってしまう商品もありますし、保険年齢(契約日時点で満年齢の端数が6ヵ月以下の時は切り捨て、6ヵ月を超える場合は切り上げた年齢)と呼ばれる保険料算出法を採用している商品もあるので、早めの情報収集をするのに越したことはありません。このあたりは商品によって取り扱いが異なるので、保険のプロに見直しを相談しても良いかもしれません。
見直しをするタイミングのおおよその目安としては、誕生日の2カ月前から情報収集をはじめ、1カ月前には見直しを終えるようなスケジュールで動くと良いでしょう。
大きなライフイベントは無くとも、誕生日前も保険を見直しをするタイミングになります。
一般的に年齢が上がれば上がるほど、金額が高くなります。誕生日前に見直しをすることで、保険料を少し安くできます。
ただし、誕生日直前ですと、誕生日後の保険料になってしまう商品もありますし、保険年齢(契約日時点で満年齢の端数が6ヵ月以下の時は切り捨て、6ヵ月を超える場合は切り上げた年齢)と呼ばれる保険料算出法を採用している商品もあるので、早めの情報収集をするのに越したことはありません。このあたりは商品によって取り扱いが異なるので、保険のプロに見直しを相談しても良いかもしれません。
見直しをするタイミングのおおよその目安としては、誕生日の2カ月前から情報収集をはじめ、1カ月前には見直しを終えるようなスケジュールで動くと良いでしょう。

保険の新商品登場・
医療環境の変化など

保険は様々な会社がいろんな種類のものを出しています。保険業界も競争原理が働いているので、A社が出した保険よりいいものをB社が出し、その翌年にはB社よりいいものをC社が出すという事もあり得ます。
ただし、新商品だから優れているかというとそうとは限らないので、しっかりと商品内容を確認し精査する必要があるでしょう。
また、環境の変化によって変更することも考えるべきです。
例えば20年前と比べて、病気や手術の際の入院日数はかなり減っています。医療保険の中には入院6日目から給付金が下りるというものもありますが、そもそも入院を6日以上するというケースが少なくなっているのも事実です。逆に入院一時金給付保険など、1日でも入院すればまとまった金額の給付金が受け取れるという内容のものも最近注目されています。医療事情に合ったものを選択するというのも、とても重要です。
保険のプロに相談すれば、新商品のことはもちろん医療事情やトレンドにも詳しいので、見直しとまではいかなくても、一度相談されてみてはいかがでしょうか。
保険は様々な会社がいろんな種類のものを出しています。保険業界も競争原理が働いているので、A社が出した保険よりいいものをB社が出し、その翌年にはB社よりいいものをC社が出すという事もあり得ます。
ただし、新商品だから優れているかというとそうとは限らないので、しっかりと商品内容を確認し精査する必要があるでしょう。
また、環境の変化によって変更することも考えるべきです。
例えば20年前と比べて、病気や手術の際の入院日数はかなり減っています。医療保険の中には入院6日目から給付金が下りるというものもありますが、そもそも入院を6日以上するというケースが少なくなっているのも事実です。逆に入院一時金給付保険など、1日でも入院すればまとまった金額の給付金が受け取れるという内容のものも最近注目されています。医療事情に合ったものを選択するというのも、とても重要です。
保険のプロに相談すれば、新商品のことはもちろん医療事情やトレンドにも詳しいので、見直しとまではいかなくても、一度相談されてみてはいかがでしょうか。

保険の相談事例

保険料が月々18,000円、年間300,000円(※1)も節約できました!!

※1 夫30代後半 妻30台後半 子8歳、子6歳の例

相談した時の背景を詳しく

結婚当初に契約した保険を、自宅購入を機に見直し。自宅購入の際にローンを組むこととなり、団信への加入が必須条件となり、現在の契約が見直せるのでは?と思ったのがきっかけ。

相談後の結果、感想、メリットを詳しく

団信加入により、結婚当初に契約した貯蓄型死亡保険をシェイプアップ。利回りもそこまで良くないという事で、その保険は払い済みに変更し、新たに団信を考慮した必要最低限の死亡保障に変更。医療保険も更新型のものから一生変わらないタイプに変更。必要な保障額に変更し、医療保険に関しては内容が良くなったにもかかわらず、家族全体では月に26,000円、年間に換算するとなんと30万円以上も削減できた。キャンペーンでお米が頂けるというのもメリットの一つです。

保険の選択が安心できる理由

①完全無料の高品質保険コンサルティング

通常、人気ファイナンシャルプランナーの保険コンサルティングは
相談料やコンサルティング料として1万円程度かかるのが相場です。
しかし『保険の選択』は広告費などで運営されているため、お客様は完全無料で高品質な生命保険保険コンサルティングをお受け頂けます。

②お客様の要望に応えられるコンサルタントを厳選

直面している病気の問題、相続や節税の対策、貯蓄・投資型保険など、お客様の要望はそれぞれ違います。私たち『保険の選択』ではお客様の要望に対し、最適解が出せるようお客様を担当するコンサルタントを厳選いたします。
例えば、相続対策をご希望の場合、相続診断士の資格を持っていたり、相続対策に実績のあるプランナーをアサインします。
要望にダイレクトに応えられるコンサルタントに保険相談できるのも『保険の選択』の強みです。

③お客様からのアンケートフィードバックによる独自のコンサルタント在籍制度

『保険の選択』では、お客様からのアンケートを基にコンサルタントをランキングにしています。評判の良いFPにはより多くのお客様をご紹介し、逆に評判の良くないFPには強制的に退会していただいています。そのため、『保険の選択』のファイナンシャルプランナーは質が高く、お客様にご満足いただけるのです。

④保険加入の強要・義務は一切ありません

『保険の選択』に所属するコンサルタントは生命保険募集人資格を持った正規コンサルタントです。お客様が商品について疑問に思われる事は、ご納得いただけるまでしっかりとご説明します。
万が一、ご納得いただけない場合も、加入義務はございませんので、お客様のご意思で保険加入の判断をして頂けます。

⑤いまならキャンペーン中「国産ブランド米10kg」進呈!

生命保険の無料相談にこだわる『保険の選択』だから、キャンペーンのプレゼント商品にもこだわっています!
進呈するお米は、国産ブランド。
海外米や無名米、古米、ブレンド米などではありません。
保険の無料相談で、家計をシェイプアップしたら、今度は『保険の選択』が進呈するお米、国産ブランド米10kgで食費をシェイプアップ!皆様の楽しい食卓の一助になれば幸いです。
今だけのキャンペーンで『保険の選択』が厳選したお米を是非お楽しみください。

キャンペーンでお米が貰える!保険相談の流れ

このページの下にあるキャンペーン専用のフォームに情報を入力して、送信してください。
入力頂いた内容の確認のために、お電話をさせていただきます。
お客様からのご要望をもとに、弊社でお客様に最適な保険のプロ(プランナー)をお探しさせていただきます。
(入力いただいた住所はキャンペーン商品お届けの住所と兼用となります)
最適なプランナーが見つかりましたら、まずはメールにてお知らせをさせていただきます。
その後、プランナーからお電話をさせていただきますのでご面談日時・ご面談場所をお決めください。
お決め頂いた日時・場所にてプランナーと面談して頂きます。
分からない事がある場合、何度でも無料でご面談頂けます。
面談後は弊社からお送りするアンケートにお答えください(キャンペーン適用条件)。サービス向上に役立てさせていただきます。
アンケート回答後、およそ2カ月程度でキャンペーン商品「国産ブランド米10kg」をご登録いただいた住所宛にお届けさせていただきます。
ご面談で納得いただけた場合は、ご契約をしていただけます。
サポートに関してはご面談頂いたプランナーが今後も行います。
ご契約は任意ですので、プランナーのご説明に納得いただけない場合は加入いただく必要はございませんので、ご安心ください。
加入の有無にかかわらず、キャンペーン条件を満たした場合、キャンペーンの適用になります。

保険を相談したお客様の声

保険相談①妊娠の際についでに夫の保険見直し

妊娠したのを機に、先輩ママに入院費や学資保険はどうしたのかを聞いたところ、ネットで保険の無料相談ができることを知り(しかもキャンペーンでお米ももらえる!)、初めて申し込んでみました。保険については何もわからない状態の私でしたが、わかりやすく丁寧に保険とは何かというところから教えてくれました。夫に話したところ、自分の保険も見てほしいとの事で、後日夫も交えて2回目の面談をしました。夫の保険は無駄の多い保険で、保険料を1万円も削減することができました!私たちに必要な保険を加入することができ、保険料も削減できました。本当によい方を紹介していただいたので、2人目ができた時もお願いしようと思っています。ありがとうございました。キャンペーンの事はママ友に伝えたら、とても喜んでました!

Sさん(29歳・主婦)

保険相談②なにもわからなくても一から教えてくれました

親が掛けてくれていた保険が満期になり、今後は自分で備えていくようにと親から言われました。どうしようかとネットで検索すると、今ならお米を貰えるというキャンペーンというものを見つけ、一人暮らしには有り難いと早速申し込んでみました。強引な保険勧誘をされるかもと心配でしたが、そういうことは一切なく・・・逆に拍子抜けしました(笑)自分が描く将来像やそれを実現するためにはどんなリスクに備えたらいいのかなど、とても深い話ができました。話した結果、まだ若いので死亡保険は貯蓄機能を備えた最低限のものと、先進医療に対応した医療保険に加入することにしました。安く保険に入れて、キャンペーンでお米も貰えて満足してます。

Tさん(24歳・会社員)

保険相談③独身なのに高い保険に入ってた

芸能人がガン保険に入っていて良かった!系のテレビを見て、ふと自分の保険が気になったのが相談のきっかけです。コンサルタントの方に見てもらうと、独身なのに死亡保障額が大きく、その分無駄に保険料を払っていることを知りました。必要な保障額に直し、削減した金額分を貯蓄できるタイプの保険に加入しました。外貨運用型の保険なので、変動はあるみたいですが、うまくいけば年間20万円も貯蓄できるみたいです(笑)相談して本当によかったと思います。あのまま入りっぱなしだったらと思うとゾッとします(汗)。キャンペーンでお米も貰う事ができ、本当に良かったです。

Oさん(32歳・会社員)

保険相談④家族全員に合った保険の重要さ

結婚、出産と大きなライフイベントが続き、やっと落ち着いたので保険の相談をしようと申込みました。プランナーの方とお話すると、年齢も近く家族構成も同じだったのでとても親近感が湧きました。子どもの年齢もしっかりと加味して、必要な保険や保障額を教えてくれるので、納得して加入ができました。プランナーの方にも紹介してくれた保険の選択にも感謝しています。次回は投資目的の保険も相談する予定です。

Aさん(40歳・会社員)

保険相談の際によくある質問

Q 保険相談にかかる費用はありませんでしょうか?無料で受けることができますか?

A 完全無料の保険相談になりますので、かかる費用は一切ありません。
ただし、保険相談される面談場所までの交通費や、喫茶店で面談される場合の飲食代(ご自身の分だけ)に関しては
自己負担となりますので、予めご了承ください。

Q どんな人が来るのか心配です。本当に安心して保険相談を受けられるのでしょうか?

A 弊社に登録しているプランナーはすべて、保険の販売をする者に義務付けられている生命保険募集人資格保有者となっております。
生命保険募集人資格保有者はお客様の個人情報管理はもちろん、保険の商品に精通し、しっかりとお客様に保険内容の説明をする義務を負っております。
また、弊社ではお客様による満足度調査を行い、評価の低いプランナーに関しては登録を解除するなど、質の高い保険相談がお受けいただける制度を導入しております。是非安心して保険相談をお受けください。

Q 一人暮らしなので自宅以外での面談をお願いしたいのですが、自宅以外でも面談できますか?

A 自宅以外にお伺いさせていただくことや、プランナーの事務所でのご面談も可能です。
ただし、保険という大切なお話をさせて頂くため、ファストフード店のような騒がしい環境でのご面談はお断りさせていただいております。

Q キャンペーンでお米がもらえると見たのですが、どのようにしたら良いでしょうか?保険の加入義務はありますか?

A このページの下部にあります、キャンペーン専用の申し込みフォームから保険の無料相談をお申し込みください。弊社がお客様の要望を確認後、お客様に最適なプランナーをお探しいたします。
実際にご面談されたあと、弊社よりアンケートメールを送付させていただきますので、アンケートにご回答頂ければキャンペーン商品である「国産ブランド米10kg」を進呈させていただきます。(アンケート回答はキャンペーンの適用条件となります)
商品の発送はアンケートの回答からおおよそ2カ月後を目途にさせて頂いております。
保険の加入義務はございませんのでご安心ください。
ただし、質の高い保険相談を無料で提供させていただいているサービスのため、真剣に保険相談をご希望の方を優先させていただくため、保険の加入・見直しを一切検討されていないお客様のお申し込みはご遠慮いただいております。尚、お客様の地域や要望、状況等によって保険の相談がお受けいただけない場合もございます。その場合はキャンペーンの対象外になりますので、予めご了承ください。

Q キャンペーンでもらえるお米はどのような品種ですか?

A キャンペーンで進呈するお米は、全て国産米となります。
発送する時期によってお米の品種が異なりますので、予めお米の品種はお伝え出来ませんが、キャンペーン商品にも満足して頂けるよう、弊社バイヤーが厳選したお米をご家庭にお届けしております。
是非このお得なキャンペーンを実施しているこの機会にお申し込みください。

保険相談の
無料申し込みフォーム

名前例) 保険 太郎
メールアドレス例) mail@example.ne.jp
お電話番号(携帯可)例) 09012345678
都道府県
保険相談に関する注意事項
ご注意事項

以下の内容で送信してよろしいですか?