生命保険の豆知識

生命保険ランキングの保険タウン > 生命保険の豆知識 > 相続の時に起こる生命保険に関する問題

相続の時に起こる生命保険に関する問題

人が亡くなると相続が発生しますが、生命保険も相続の対象になると思っている人は意外に多いようです。これにより家族内でトラブルになったりするケースもあるようです。

まず重要なこととして、生命保険の保険金は相続の対象ではありません。
なぜなら、生命保険の保険金はその受取人が直接生命保険会社から受け取るものだからです。相続とは故人がそれまで持っていた財産を、その人の死後に相続人で分け合うという制度です。
ですが、生命保険の保険金は受取人が直接受け取るので、もともと故人の持ち物ではありません。なので相続の対象にもなりません。ここのところを誤解している場合が最も問題になりやすいケースです。

しかし逆に言えば、生命保険の保険金は家族内で全く争う余地の無いお金です。
故人が「この人にこれだけのお金を残したい」と明確に意思決定をし、契約をしたものを、その受取人が直接受け取るのですから、争いようが無いのです。
そのため本来なら生命保険は相続の際非常に問題になりにくい手段です。しかし上に述べたように、そもそもの構造を理解していない場合、「なぜそのお金だけ彼が独り占めするんだ」と思う人が現れるのも無理はありません。

これを解決するためには、生命保険の構造を家族みんながきちんと理解し、契約することが一番です。もし異論がある場合はその時本人に直接言えば解決できる可能性もあります。
やはり大きな買い物ですし、死亡保障の場合、保険金が発生するときには残念ながら契約者はもう亡くなっているので、加入時にしっかり話し合って理解することが重要でしょう。